自慢のリケジョ+ときどきリケダン一覧

自慢のリジョケ(理系女子)

リケジョ File.3(四日市分析センター ラボGr 頼れるSさん)

何でも嫌がらず受けてみる

~挑戦での経験が次のチャンスを生む~

子供の頃、星をみるのが好きでよく科学館に足を運んでいたというSさん。体験型の展示や、そこで時々開催されていた理科実験のイベントが楽しくて、なんとなく白衣を着た仕事に興味を持ったのがきっかけで理系の道へ。
生物や化学が好きで、大学ではそのまま生物化学の研究室に所属し、遺伝子工学を学びました。実家のある三重県内での検査・研究職を希望したことから、当社に入社。新たな分析サービスの運用や当社が進める新規プロジェクトには欠かせない存在で、どんな仕事を依頼しても嫌な顔をせずに引き受けてくれる、包容力があり、周りからの信頼も厚いSさんです。

掲載日 2018年4月27日

詳細を見る

四日市分析センター ラボGr

頼れるSさん

リケジョ File.2(松阪分析センター ラボGr 朗らかHさん)

ひとつひとつの分析に責任を感じて

~お客様との関係が自身の成長につながっています~

三重県で生まれ育ったHさん。自然が豊かな土地で育ったため、常に山の自然が隣にあったそう。小学生の頃、酸性雨や地球温暖化がクローズアップされ「このきれいな山や川を知らずに育つ子が出てくるのだろうか?」と考え出したことが環境問題に興味を持った原点。理科の実験で行った「廃油から作る石鹸」から環境技術に楽しさを覚え、環境を守る仕事に就きたいと名古屋の大学へ進学。大学では微生物学や分析化学を学び、微生物を用いた環境浄化技術の開発に携わっていたそうです。そんなHさんは入社3年目に突入!社内でも笑顔を絶やさず、様々なことに取り組んでくれています。

掲載日 2018年4月27日

詳細を見る

松阪分析センター ラボGr

朗らかHさん

リケジョ File.1(四日市分析センター ラボGr 熱血Sさん)

たいていの故障は直せて当たり前

~飽くなき好奇心と持ち前の根性で異分野の分析も切り拓く~

実は分析分野は苦手だったというSさん。長崎県から大学入学に合わせて三重県へ。大学ではネズミを使った病理研究を医学部と共同で行なう「生物分野」を学んでいたそう。大学で勉強したことを生かしたいと当社へ入社。様々な試料を分析し、結果を出していく作業は探究心と好奇心が掻き立てられるそうで、今では分析が好きになったそう。故障した機器を直すのはプロフェッショナル!の証とも。部下からの信頼も厚く、頼もしい女性リーダーです。

掲載日 2017年12月12日

詳細を見る

四日市分析センター ラボGr

熱血Sさん

自慢のリケジョ

Rikejyo