橋梁等 塗料・塗膜中のPCB含有量調査・分析の受託開始 | 株式会社東海テクノ

橋梁等 塗料・塗膜中のPCB含有量調査・分析の受託開始

橋梁等の鋼構造物に塗布されている塗膜(塗料)には昭和42~47年頃までの構造物について、一部PCBが含まれていることが確認されています。また、鉛やクロムなどの有害物を含むことがあり、その剥離作業を行う上で、労働者の健康障害防止の観点から、厚生労働省通知として「鉛等有害物を含有する塗料の剥離やかき落とし作業における労働者の健康障害防止について」(平成26年5月30日)が発せられました。

当社では現地採取から分析まで一貫して行っており、橋梁補修設計業務に関する事前調査のご相談も多くいただいております。
外壁塗装中の石綿(アスベスト)の分析・除去対応も可能です。
調査の計画等でお困りの際は、ぜひご相談ください。

トピックス

Topics