植物罹病早期判定

野菜や果実など、農作物の栽培において、天候不順や自然災害の他に、病害は品質・収量低下に繋がる大きなリスクとなっています。

当社は、生産者様による予防・対策の一助となるべく、その早期発見と分析、原因調査を担っています。

qPCR法を用いた病害菌検査と原因調査

qPCR法を用いた病害菌検査とは

現在、病害種の診断は簡易方法により「既に」に発病している植物体を分析し、何の病気であるかの判断をするものです。
当社ではreal-timePCRを用いた方法で、簡易キットでは検出できない微量な菌数を高感度に検出、早期発見を可能としました。これにより迅速な対策で、罹病拡大の抑制、予防にお役立ていただければと考えております。

機材のポータブル化に伴い、現地でのオンサイト測定も可能です。ご相談ください。

ご相談はこちらから

分析項目

・トマトかいよう病
・青枯れ病菌

・トルコギキョウ根腐病(Pythium irregulare)
・他病原菌、ご相談ください

分析目的例

・定植前の殺菌効果・苗の安全確認
・モニタリング、予防対策検討
・発病時の汚染源特定調査

発病時の原因究明について

万が一、発病してしまった際に、あらゆる視点から原因を想定、究明し、被害拡大の抑制と対策の絞り込みが可能となります。

試料による原因特定実績及びご依頼概要
対象 依頼時試料形態 発送方法
苗、茎、葉、果実 等 植物体

クール宅配・郵送

井戸水、養液 等 液体(清潔な容器に500mL程度)
摘葉鋏、収穫箱 等

対象物自身

(送付不可対象は現地拭き取り)

※分析目的により採取箇所は異なりますので、詳細はお問い合わせください。

 

作物病害菌検査を担当している長浜です。農作物生産に於いて、病害リスクは最大の悩みだと思います。その対策のお役に立ちたい。その一心で検査手法を用途開発しました。弊社の特徴は、qPCR法の中でもプローブ法を採用しており、偽陽性が極めて少なく、信頼性の高い検査結果をご提供できます。計量証明事業で培った、「高精度検査」と「情報管理」によって、安心・安全な検査をご提供していきます。

製品・サービス

Product・Service