コラム

労働衛生コンサルタントとは?業務内容やできることを解説

更新日:2023.12.14

労働環境における健康と安全は、企業や組織にとって極めて重要です。労働者の健康と安全を保護し、労働環境を改善することは、生産性向上や法的コンプライアンスを達成するために不可欠な要素です。ここで登場するのが「労働衛生コンサルタント」。これは、労働安全衛生法で規定された厚生労働省管轄の国家資格です。

労働環境における健康と安全は、企業や組織にとって極めて重要です。労働者の健康と安全を保護し、労働環境を改善することは、生産性向上や法的コンプライアンスを達成するために不可欠な要素です。ここで登場するのが「労働衛生コンサルタント」。これは、労働安全衛生法で規定された厚生労働省管轄の国家資格です。

次章では、労働衛生コンサルタントとなるための受験資格について詳しく解説します。それでは、労働衛生コンサルタントの世界に一歩踏み入れてみましょう。

労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントは、労働環境における健康と安全に関する専門的な知識を活用し、企業や組織が労働者の健康と安全を守りながら、生産性を向上させるお手伝いをする役割を果たします。具体的な業務は下記の通りです。

・事業所の衛生状況の把握、診断
・改善のための計画策定、責任者への指導
・事業所の衛生状況の最適化
・労働安全衛生マネジメントシステムの監査・評価
・衛生管理教育
・外部委託の衛生管理者業務

労働衛生コンサルタントは現代社会の問題として挙げられる高齢化社会やメンタルの問題に関心が高まっていることから、数が足りていないのが現状です。

労働衛生コンサルタントの受験資格・試験内容について

労働衛生コンサルタントは国家資格であり、その試験に合格する必要があります。また試験を受験するためにも、受験資格を満たしている必要があります。

労働衛生コンサルタントの受験資格

労働衛生コンサルタントの受験を受けるには、労働安全衛生法の定める要件を満たす必要があります。下記に示すのは受験資格取得条件の一部ですが、この他にも資格取得条件を満たす事例はたくさんあります。その内容は非常に多岐に渡るため、事前に確認しておく必要があります。

・大学(短期大学を除く)か専門学校で理科系統の正規の課程を修めて卒業して、かつその後5年以上衛生の実務に従事した経験を有する者

・短期大学か高等専門学校で理科系統の正規の課程を修めて卒業し、その後7年以上衛生の実務に従事した経験を有する者

・高等学校か中等教育学校で理科系統の正規の学科を修めて卒業し、その後10年以上衛生の実務に従事した経験を有する者

・医師国家試験合格者

・薬剤師

・技術士試験合格者

・衛生管理士

・労働基準監督官として8年以上その職務に従事した者

労働衛生コンサルタントの試験内容

労働衛生コンサルタントの試験内容は、筆記試験(一次)と口述試験(二次)です。試験区分は、保健衛生か労働衛生工学のいずれか1つとなります。

筆記試験の内容としては次の4つです。
・労働衛生一般
・労働衛生関係法令
・健康管理
・労働衛生工学

口述試験の内容としては、労働衛生一般と専門科目です。総合的な判断力等が求められる傾向があり、この資格試験が難関といわれる理由の一つになっています。

労働衛生コンサルタントの合格率・難易度

労働衛生コンサルタントの試験は、その専門性から合格率が低く、通常10~20%程度と言われており、令和4年度の最終合格率は24.4%です。試験の難易度は非常に高く、労働衛生に関する幅広いトピックを包括し、専門知識と実務スキルを徹底的に評価します。

リンク:安全衛生技術試験協会

労働衛生コンサルタントにできること

労働衛生コンサルタントの業務は、労働安全衛生法に規定されており、「労働者の衛生の水準の向上を図るため、事業場の衛生についての診断及びこれに基づく指導を行うこと」とされています。具体的には次のような業務があげられます。

安全衛生と指導

労働衛生コンサルタントは、企業や組織の労働環境を評価し、潜在的な安全リスクを特定します。そして、これらのリスクを軽減するためのアドバイスや指導を提供します。安全診断には、作業場のレイアウト改善、安全装置の導入、適切な作業プロセスの策定などが含まれます。

労働安全衛生マネジメントシステムの監査・評価

労働衛生コンサルタントは、企業の労働安全衛生マネジメントシステムを監査し、評価します。これにより、法的要件の遵守やベストプラクティスの実施を確認し、労働環境の改善に貢献します。

各教育の講師

労働衛生コンサルタントは、労働者や管理者向けにトレーニングプログラムを設計し、講義を行うことがあります。これにより、労働者は安全な作業方法を習得し、危険を回避するスキルを向上させることができます。

リスク評価とリスクマネジメント

労働衛生コンサルタントは、労働環境におけるリスクを評価し、適切なリスクマネジメント戦略を開発します。これにより、事故や健康問題のリスクを最小限に抑えます。

法的コンプライアンスのサポート

企業や組織が法的コンプライアンスを維持するために必要な手続きや文書作成を支援します。法的要件の変更に対応し、適切な文書や手順を提供することで、法的トラブルを回避します。

緊急事態対応

労働衛生コンサルタントは、労働環境での緊急事態に対応するための計画やプロトコルを策定し、実行します。事故や災害が発生した場合、迅速かつ効果的な対策を取り、労働者の安全を確保します。

健康プログラムの推進

労働衛生コンサルタントは、健康プログラムを推進し、労働者の健康促進に貢献します。これには、ストレス管理プログラム、健康スクリーニング、予防接種キャンペーンなどが含まれます。

データ分析と報告

データ分析は労働衛生コンサルタントの重要な役割です。労働環境のデータを収集し、分析してトレンドやリスクを特定し、報告書を作成します。これにより、労働環境の改善に関する戦略的な意思決定が可能となります。

最新情報の提供

労働衛生コンサルタントは、新たな法規制や業界トレンドに対応するために、クライアントに最新情報を提供します。これにより、企業や組織は常に変化する要件に対応できます。

まとめ

本記事では、労働衛生コンサルタントの役割と重要性について詳しく説明しました。労働衛生コンサルタントは、企業や組織が労働環境における健康と安全を確保し、法的要件を遵守するために不可欠な専門家です。彼らは高度な専門知識とスキルを持ち、労働環境の評価、安全基準の策定、トレーニングと教育、安全診断、リスクマネジメント、法的コンプライアンスサポートなど、多岐にわたる業務を担当します。

労働衛生コンサルタントの資格取得は学術要件と実務経験が必要で、資格試験は合格率が低く、難易度が高いことが特徴です。しかし、その専門知識と経験により、企業の労働環境の改善と法的コンプライアンスの確保に大きく貢献し、労働者の安全と健康を守る役割を果たします。労働衛生コンサルタントは、持続可能な労働環境を実現するために不可欠なプロフェッショナルであり、その重要性は計り知れません。

株式会社 東海テクノにも労働衛生コンサルタントが在籍しています。ご相談、お問い合わせなどがあればぜひ一度アクセスください。

ご相談。お見積もりのご依頼はこちら
コラム

Column