養液分析

近年の施設園芸の発展はめざましく、養液栽培システムを使った植物工場の存在も珍しくなくなりました。養液栽培において、養液や原水中の成分組成は定期的に分析を行い、緻密に管理することが重要です。しかし、従来の海外への分析依頼では特に納期面の課題がありました。当社はその課題に取り組み、国内・自社での早期分析を実現しました。

植物工場における養液成分分析

養液分析とは

植物が吸収する肥料成分の組成を給液や廃液から確認し、適切な追肥や栽培管理をすることによって生産量の安定且つ品質の安定に結びつける為のものです。
また、栽培作物の生産段階に応じた値になっているかを確認することにより、農作物の収穫量・品質安定につなげます。

分析依頼について

・専用容器は当社で準備し、採水手順等と共に送付いたします。

納期

・サンプル到着後、最短5営業日から承ります。
(特急対応別途応談)
・分析結果は電子メールにて送信させて頂きます。
(年末年始、GW、お盆時期は別途お問い合わせ下さい)

ご相談はこちらから

◇報告単位
 mg/Lとmmol/Lまたはμmol/Lの併記(pH,EC除く)
◇別途、推移表やグラフ作成も賜わります。(オプション)

養液分析を担当している佐川です。安定した品質の農作物生産には、きめ細かい施肥管理が重要です。生産管理者の経験を活かし、本当に現場で求められている「価格・納期・精度」に徹底的にこだわって開発しました。現場の声を大切に、両方の目線で、農業業界と分析業界の新たな架け橋となれるように取り組んでいます。

製品・サービス

Product・Service