活性炭分析

水道法第20条・水道GLP保有の分析会社からのご案内

計量証明事業40年のノウハウを活かした精度と納期でお応えします

・独自の精度管理体制
・委託開始前精度確認クロスチェック対応
 ⇒分析センターでの試験立会にも対応します
  (近鉄四日市駅から車で10分)
・業界最先端の納期管理システム
・アドレス登録型の速報自動送信システム

ISO/IEC17025(活性炭試験項目)を取得しています

・水道法 第20条登録
 2000年
 

・水道GLP取得
 2012年
 

・ISO/IEC17025
 (活性炭試験項目)取得

 2014年

2週間の納期、全項目検査でのお得な価格設定

粒状活性炭

資機材の材料に関する試験(水道施設の技術的基準を定める省令)+物性試験(水道用粒状活性炭試験法)

粉末活性炭

水道用薬品の評価試験(水道施設の技術的基準を定める省令)+物性試験(水道用粉末活性炭試験法)

セット料金
230,000円/速報の納期: 2週間
2-MIB価(2-MIBによる分析評価)
55,000円
ジェオスミン価
55,000円
カラメル脱色性能
20,000円
沈降性試験
45,000円

その他項目も可能な場合がございます。表記のない項目はお問い合わせ下さい。

活性炭項目一覧
  JWWA A 114
水道用粒状活性炭
JWWA K 113
水道用粉末活性炭
JIS K 1474
活性炭試験方法
フェノール価  
ABS価  
メチレンブルー脱色力
ヨウ素吸着性能
pH値
塩化物イオン
   
亜鉛    
カドミウム    
   
ひ素    
電気伝導率  
強熱残分  
乾燥減量  
ふるい残分    
硬さ  
充てん密度  
粒度及び粒度分布
(有効径・均等係数・平均粒径)
 
2-MIB価(参考)    
備考     適用範囲は、工業用活性炭(粒状および粉末)です
  水道用薬品類のための試験方法ガイドラインについて衛水第21号
(厚生省生活衛生局水道環境部水道整備課長通知 健水発第0330003号)
JWWA Z 109
水道用薬品の評価試験方法
厚生省告示第45号
資機材等の材質に関する試験
JWWA Z 108 水道用資機材-浸出試験方法
JWWA Z 110 水道用資機材ー浸出液の分析方法
技術基準省令適合の証明厚生労働省第15号
(水道施設の技術的基準を定める省令)
全40項目 全45項目
水道施設の技術的基準を定める省令別表第一
1 カドミウム及びその化合物
2 水銀及びその化合物
3 セレン及びその化合物
4 鉛及びその化合物
5 ヒ素及びその化合物
6 六価クロム化合物
7 亜硝酸態窒素
8 シアン化物イオン及び塩化シアン
9 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
10 ホウ素及びその化合物
11 四塩化炭素
12 1,4-ジオキサン
13 シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
14 ジクロロメタン
15 テトラクロロエチレン
16 トリクロロエチレン
17 ベンゼン
18 塩素酸
19 臭素酸
20 亜鉛及びその化合物
21 鉄及びその化合物
22 銅及びその化合物
23 マンガン及びその化合物
24 陰イオン界面活性剤
25 非イオン界面活性剤
26 フェノール類
27 有機物(全有機炭素(TOC)の量)
28
29 臭気
30 色度
31 アンチモン及びその化合物
32 ウラン及びその化合物
33 ニッケル及びその化合物
34 1,2-ジクロロエタン
35 亜塩素酸
36 二酸化塩素
37 銀及びその化合物
38 バリウム及びその化合物
39 モリブデン及びその化合物
40 アクリルアミド

※水道施設の技術的基準を定める省令
(平成12年2月23日厚生省令第15号)別表第一

水道施設の技術的基準を定める省令別表第二
1 カドミウム及びその化合物
2 水銀及びその化合物
3 セレン及びその化合物
4 鉛及びその化合物
5 ヒ素及びその化合物
6 六価クロム化合物
7 亜硝酸態窒素
8 シアン化物イオン及び塩化シアン
9 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
10 フッ素及びその化合物
11 ホウ素及びその化合物
12 四塩化炭素
13 1,4-ジオキサン
14 シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
15 ジクロロメタン
16 テトラクロロエチレン
17 トリクロロエチレン
18 ベンゼン
19 ホルムアルデヒド
20 亜鉛及びその化合物
21 アルミニウム及びその化合物
22 鉄及びその化合物
23 銅及びその化合物
24 ナトリウム及びその化合物
25 マンガン及びその化合物
26 塩化物イオン
27 蒸発残留物
28 陰イオン界面活性剤
29 非イオン界面活性剤
30 フェノ-ル類
31 有機物等(全有機炭素(TOC)の量)
32
33 臭気
34 色度
35 濁度
36 1,2-ジクロロエタン
37 アミン類
38 エピクロロヒドリン
39 酢酸ビニル
40 N,N-ジメチルアニリン
41 スチレン
42 2,4-トルエンジアミン
43 2,6-トルエンジアミン
44 1,2-ブタジエン
45 1,3-ブタジエン

※水道施設の技術的基準を定める省令 (平成12年2月23日厚生省令第15号)別表第二

最終改正:平成26年2月28日 厚生労働省令第15号

活性炭分析を担当している小林です。当社では主に第三者機関として水道用規格の粒状・粉末活性炭の品質検査を行っています。規格適合評価は、お客様のビジネスに直結していますので、毎日の精度管理はもちろん分析装置の技術研修・講習会への参加や活性炭技術研究会などでの交流を通じて新規技術や情報収集を日々行っています。規定項目の分析だけでなく、お客様からご相談頂く技術課題にも物性試験のプロとして提案型で対応させて頂いています。

製品・サービス

Product・Service