WEEE/RoHS・土壌調査・ダイオキシン類等の環境調査分析・環境対策設備・環境コンサルティングのトータルサポート

ホーム はかる 最新技術ではかる 高精度・低価格!テクノのPFOS、PFOA分析

高精度・低価格!テクノのPFOS、PFOA分析
こんな悩み・ご要望はありませんか?

●PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸),PFOA(パーフルオロオクタン酸)の低価格・短納期分析

●PFOS,PFOA 多対象物の分析

お応えします!

●PFOS,PFOAを低価格・短納期で分析、高精度の分析を提供します。

●分析対象は多岐に渡って可能です。上水・排水・製品・原材料すべてOK。

当社のPFOS、PFOA分析について
低価格・短納期

・製品分析は5万円/検体〜

・上水・排水分析は6万円/検体〜

・その他原材料等は内容物確認の上、最短の納期設定を致します。

・通常納期 10日営業日

高精度

当社設置機器(Agilent6410QQQ Agilenttechnologies社(米))

水中の微量有機化合物分析を行なう装置です。

夾雑物の影響に強い装置の特色を生かし、技術の高い分析者が責任を持って分析致します。

●飲料水農薬分析(水質管理目標設定項目(28農薬に対応))

●PFCs(有機フッ素化合物)分析

●環境水、排水中のPFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)・PFOA(パーフルオロオクタン酸)の分析

●このほかにも、アルキルベンゼンスルホン酸、アルキルフェノール類、ビスフェノールAの分析も行います。

LC/MS/MSにて分析中

前処理を行っています。

前処理を終えて機器のサンプラーに
セット中

ご提案!〜自家水道、専用水道等、井戸を管理されている皆様へ〜

PFOS、PFOAは平成20年度 厚生労働省において、水道水から検出されるおそれのある物質として要検討項目のひとつとして挙げられました。 PFOS、PFOA等の有機フッ素化合物は、撥水剤、表面処理剤、乳化剤、消化剤、コーティング剤等に用いられ、近年、地球規模での環境残留性や生体蓄積性が明らかになるとともに長期毒性の疑いがあります。現在、国内外で規制が検討されています。 過去にフッ素を使っていた履歴がある、又はISO14001の取り組みとして、現状把握をされてはいかがでしょうか?

注目されている未規制物質PFOS・PFOA
当社にお任せください!

■PFOS,PFOAの分析には操作時のブランクが大きく影響致します。当社はそのブランク値低減の手法を確立しており、環境試料について、0.1ng/lまで分析対応が可能です。
報告書は日本語版、英語版、日英併記版でご希望により対応可能です。

■GC/MSでは対応が難しい、新しく開発されている新規農薬分析についての相談もお受け致します。
PFOS,PFOA以外の有機フッ素化合物についての分析相談もお受け致します。